MENU

車買取のティーアップ(t-up)ってどうなの?

車の買い替えをするときに、今まで大切に乗ってきた車を買取に出す人も多いですよね。
その中でも、ティーアップで買取してもらいましたという声をよく聞きます。
ティーアップ(t-up)は、「車売るならティーアップ」のCMでおなじみの、車買取専門のお店です。
中古車買取業界の中で、店舗数No1のティーアップですから、全国どこに住んでいても、買取をお願いすることができます。

さらに、ティーアップ(t-up)はトヨタが運営する中古車買取店ですから、とても信頼できますよね。
また、ティーアップは買取の手続きが簡単なことから、ティーアップで買取してもらいましたという人も多いようです。

 

車の買取につきものな面倒な手続きも、ティーアップのスタッフが代行してくれます。
ですから、とても簡単に買取を行うことができます。
これはとても便利なサービスで、評判を集めています。

 

さらに、ティーアップ(t-up)は車の買取価格が高いことでも、評判を集めています。
きちんとした査定を行ってくれますから、とても安心ですよね。
大切に乗ってきた車だからこそ、適正な価格で買取してもらいたいもの。
ぜひ、ティーアップで買取してもらってください。


車の査定は買い取り専門店とディーラー、どちらが有利?

様々な準備を整えていざ査定に出そうとした時に車の持ち込む先としては2種類あり、買い取り専門店かディーラーのどちらかを選ぶことになります。
買い取り専門店とは中古車売買のみを手掛けている専門の業者の事を指しており、一方でディーラーとは新車を購入する販売店の事を指しています。

 

買い取り専門店に出せば売却した費用で新車を購入する費用に充てることができますし、またディーラーでは新車の購入に際しては所有している車を下取りに出して新車の購入費を引き下げることができますので、いずれにおいてもメリットがあるといえます。
ただこの両者を比較すると車の引き取り費用に大きな差が生じる場合もあるのですが、どちらの方が有利により多くお金を得ることができるのでしょうか?

 

 ディーラーでは自社の関連会社で中古車販売を手掛けている場合が多いのですが、大抵はそのメーカーの車のみしか扱っていないので、他社製の車を下取りに出す場合には安く見積もられることが多くあります。

 

 買い取り専門店の場合はどこのメーカーの車であれ幅広く受け付けてくれますので、とりわけ人気が高い車種で人気のカラーともなれば予想以上の高値で買い取ってくれる場合もあるのでかなり有利だと言えます。

 

ただし年式が古く走行距離も長い車の場合は、どちらの方が査定額が高くなるかは分らなくなりますので、できれば双方に訪れて査定してもらいどちらが有利になるのか比較してみると良いでしょう。


査定はどこを見て買取価格が決まる?

車の買取を考えている人にとって、「少しでも高値で査定してもらいたい!」と考えている人は多いですよね。
車買取店に自動車を持っていくと、まず査定士が見るのは走行距離です。

 

通常の自動車メーカーは、車の耐久年数を10~12年、走行距離の耐久性を10~12万キロを想定して生産しているそうで、当然、その基準を大幅に超えている場合は、車査定もかなり分が悪いと考えてよいでしょう。
年式がそれほど古くないのにも関わらず、走行距離だけ10万キロをはるかに超えている場合も、過走行車として車査定ではマイナスポイントになります。

 

車だけに限らず人間もそうですが、短期間にあまりにも酷使するとさまざまな箇所に故障が起きてくるものですよね。
ですから、買取車の年間走行距離が長ければ長いほど、車査定時には不利だと考えてもよいでしょう。

 

また、車買取の前にキズの修理をしたほうがいいかどうか判断に迷う人が多いようですが、車を売却してから業者が原価で修理をするほうがはるかに安くあがるので、走行に支障をきたすようなキズでなければ、特に修理をする必要はないようです。

 

それより、タイヤの減り具合を着目する査定士のほうが多いそうなので、あまりにもツルツルのタイヤなら、安物でもよいのでタイヤ交換してから車査定に出したほうが、高値がつくでしょう。